契約までの流れ

1.家族内の調整・方向性確認
 そろそろ家を買おうか。という話が持ち上がったら、同居のご家族内で希望条件を話し合ってみましょう。地域の補助金の違い、学区や通園通学距離、実家との距離、間取り、など様々な項目で各選択肢があります。お互いの優先順位や譲れない点を、話し合いながら紙に書き出してみましょう。紙に書き出すことで、お互いの意見が整理され方向性が見えてきます。
物件購入のための希望条件調整シート
地域別、医療費補助条件比較表 幼稚園費用、私立高校費用比較
 
2.ご購入の相談
 購入物件の方向性が見えてきたら、不動産会社へ相談してみましょう。ご家庭内の意見が合わない点なども、相談をすることでデメリットだけでなくメリットを伝えられたりします。また不安な点も実際の物件を見ることで(イメージが違ったなど)解決することもあります。不動産会社の営業は、お客様の考えや意見を整理しながらサポートしますので、何でも疑問をぶつけてください。
 
3.資金計画
 大半の方は住宅ローンを使われますが、現在の年収や借入、自己資金などをもとに審査をします。どのくらいの予算があるかによって購入物件のしぼり方が変わりますので、事前に正確な情報をもとに概算の借入可能額を試算し、予算を決めます。ご両親が援助してくれる場合もありますので、早めに相談してみることをお勧めします。(急な相談は印象が悪いので早めがポイントです!)不動産や借入可能額を試算すると、金融機関数社からお客様に有利なものを選んで提案が可能です。インターネットで、各金融機関毎にご自身で調べることも可能です。
 
4.物件の見学
 ご希望の条件に合った物件を複数まとめてご案内致します。物件を見ることで、この物件は合わない。こっちよりはあっちなど、明確に好みが出てくることが多いです。気になる物件は、なるべく日をずらさずまとめてみることをお勧めいたします。州をまたいだ場合は、先週の一番気になる物件は、再度見ることをお勧めします。
 
5.購入申し込み、住宅ローン事前審査
 購入する物件が決まったら、申込金(10万円程度)を添えて売り主様宛で不動産購入申込書を記入します。一般的には、この申込書を売り主さんへFAX等ですぐに送り、先着順で購入の順位が決まります。(売主さんによっては、住宅ローンの事前審査が終わっていない場合は、申し込みを受け付けないという場合もあります。ほか事前審査を通っている方を優先するなど。)申し込み後、住宅ローンの事前審査の用紙を記入し、必要書類を用意し審査に掛けます。審査により融資条件が違う場合もあるため、複数の金融機関へ審査をかけることが多いです。審査期間はそれぞれ違いますが、最短1日~5営業日程度で結果が出ます。
 
6.不動産売買契約、住宅ローン本審査
 申し込みから1週間をめどに、住宅ローンの事前審査承認の後売買契約を結びます。不動産会社は、契約までの間に物件の調査を行い、その内容を重要事項説明書をもって説明し、お客様にご理解納得のうえ、契約書へ署名していただきます。契約の際は手付金を売主様へ支払っていただきます。契約終了後は、金融機関を決め住宅ローンの本審査にかけます。
 
7.残代金決済と引渡
 残代金決済と引渡は、住宅ローンを使う場合該当金融機関で行い売主様へ振り込まれたことを確認ののち、鍵の引き渡しを行い、司法書士の先生へ所有権移転の手続きをお願いします。登記関係書類は後日郵送されることが多いです。引渡日から所有は買主様となりますので、引っ越しが可能です。